三者の比較

では、純正品トナーも含め、それぞれのトナーにどのようなメリットとデメリットがあるのか、ということについて紹介します。まずは純正品の場合ですが、なんといってもオフィシャルなものであるため安心して利用することが出来る、ということが最大のメリットです。不具合が発生した場合についても最大限のサポートを受けることが出来るでしょう。その代わり価格については他のものに比べて高めに設定されています。

次に、海外で生産されている純正品についてです。いわゆる逆輸入品だと考えて頂いて構いません。この場合、日本国内で生産されているものに比べると価格は少し安くなっています。不具合率についてもそれほど変わりません。その代わり、購入の過程に手間がかかってしまう可能性があるなどのデメリットがあります。

最後に、リサイクルトナーの場合です。リサイクルトナーの場合、価格は上記のものに比べても最も安くなっています。不具合率は多少高いということになりますが、コストパフォーマンスのことを考えると決して悪い水準とはいえません。それぞれにメリットとデメリットがあるため、利用するトナーをどうするのかを考えておきましょう。コストダウンの際の大きな選択肢となります。