三者の比較

では、純正品トナーも含め、それぞれのトナーにどのようなメリットとデメリットがあるのか、ということについて紹介します。まずは純正品の場合ですが、なんといってもオフィシャルなものであるため安心して利用することが出来る、ということが最大のメリットです。不具合が発生した場合についても最大限のサポートを受けることが出来るでしょう。その代わり価格については他のものに比べて高めに設定されています。

次に、海外で生産されている純正品についてです。いわゆる逆輸入品だと考えて頂いて構いません。この場合、日本国内で生産されているものに比べると価格は少し安くなっています。不具合率についてもそれほど変わりません。その代わり、購入の過程に手間がかかってしまう可能性があるなどのデメリットがあります。

最後に、リサイクルトナーの場合です。リサイクルトナーの場合、価格は上記のものに比べても最も安くなっています。不具合率は多少高いということになりますが、コストパフォーマンスのことを考えると決して悪い水準とはいえません。それぞれにメリットとデメリットがあるため、利用するトナーをどうするのかを考えておきましょう。コストダウンの際の大きな選択肢となります。

不具合率

工程が優れているからといって、やはり不具合があるかどうか、というのはリサイクル品を利用する上での懸念事項の1つです。そこでここでは、実際にリサイクルトナーを提供している会社が測定している不具合品の率について紹介します。こちらの調査によると、リサイクルトナーの不具合発生率は1%から3%ほどとなっています。低い月では1.26%、高い月でも2.02%ほどという結果となっていることが分かります。

ちなみに、純正インクトナーの不具合率も1%から2%ほどとなっており、作成工程の内容の方でも紹介した通り、リサイクルトナーとそれほど大きな違いがない事がわかります。リサイクルトナーについては、プール型のものと、リターン型のものがあります。

プール型のものは会社が回収したトナーを再組み立てしたものをある程度リザーブしておき、注文があった場合にこれを販売する、という仕組みです。
リターン型はクライアントから回収したものを利用して再組み立てを行い、これをそのまま販売する、というものです。

前者については注文後すぐに購入することができますが、後者については回収後2日から3日程度のブランクが開くことに注意しなければなりません。