作成の工程

ではまず、リサイクルトナーがどのような工程で作成されているのか、ということについて紹介します。まずはリサイクル元となる使用済みのトナーカートリッジが必要となります。リサイクルトナーの会社では回収業務も同時に行っていることが多く、自社で利用したものをそのままリサイクルしてもらう、ということも選択出来るようになっています。この場合、コストが安価になります。

次に、回収されてきたトナーカートリッジを分解します。分解時にちょっとしたミスをするだけでも利用不可能になってしまうため、慎重な作業が求められます。多くの場合は手作業ですその後、内部をクリーニングして綺麗な状態にします。その上でそれぞれのパーツに問題がないかどうかをチェックし、問題がある場合には取り除いてパーツの交換を行います。

後はこれにインクを充填し、パーツを組み直して印字テストをしたら完成ということになります。最終的な検品に合格したものだけがリサイクルトナーとして市場に再流通することになるわけです。こういった工程が取られていることもあり、性能は通常のトナーとリサイクルトナーとの間で大きな違いはありません。最終的な検品の質によって決まると考えて良いでしょう。